08.プレーの流れ

前のページ >> 07.フロントで受付をする


ここではざっくりとプレーの流れを紹介します。

前述しましたが、ゴルフは18ホールで打ったトータルの打数を競うスポーツです。


通常、前半と後半の9ホールずつに分かれていて、

前半をOUT(アウト)・後半をIN(イン)となる場合が多いです(逆の場合もあります)。


前半のプレー(以降、ハーフと呼びます)が終了したら、食事休憩となります。

クラブハウスのレストランで食事を取りながら同伴者とひと時の休息をとりましょう。

食事休憩は40分から1時間。混んでいる場合は1時間半くらいありますので、

時間が余っている場合は、入浴して着替える人もいるようです。


食事が済んだら後半戦です。残りの9ホールを回ります。

途中、売店があり飲み物やカロリーメイトなどのちょっとした食べ物を買うことができます。

支払いは後払いとなっており、ロッカーキーを提示してサインすればOKです。


18ホールが終了したら、スコアカードの確認をします。

同伴したプレーやの記録とともに間違いがないか、お互いにチェックします。

コンペなどの大会では、意外とこれが重要になりますので、慎重に確認をしましょう。


最後にカートを降りる際に、自分のクラブのチェックとなります。

他のプレーヤのクラブが間違えて自分のバックに入っていないか、

忘れ物はないかを係員の人とチェックして、

問題がなければ確認のサインをしてプレー終了となります。


キャディさんがいる場合は感謝の挨拶も忘れずにしましょう。


プレーが終わったら、お風呂で汗を流し、ロッカールームで着替えます。

着替えが終わったら、フロントで清算となりますので、

貴重品をロッカーから取り出した後に、フロントでロッカーキーを提示して、

レストランや売店で使った分も含めてプレー代の清算をします。


最後に、家族のためにその土地のお土産を買っていくのも、

次回のプレーに向けた根回しにもなるので、かなり効果的です(笑)。


次のページ >> 09.スタート前の練習場の使い方




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。