02.スタート前の素振りは・・・

前のページ >> 01.絶対守らなければいけないエチケット


スタート前にストレッチと素振は必要ですよね。

でも、カート道や、ちょっとしたスペースで素振りをするのは控えましょう。


スタート前は、前の組や後ろの組など、いろいろな人たちが行き来しますし、

カートも通りますので、クラブが当たってしまうなどの思わぬ事故につながりかねません。


ショットの練習場があれば、そこで練習すればいいですし、

それがなければティーグラウンドに上がるまでは我慢しましょう。


     素振りはティーグラウンドでしましょう
     ティーショットのときに何回か素振りをしましょう。ただしティーグランドに上がるという
     ことは、ショットを打つためですので、「これは素振りですよ」というのをアピールする
     ために、少しボールから遠ざかったり、写真のように向きを変えたりして素振りをする
     のもポイントです


では、ティーグラウンドに上がるまでには体を動かすことはできないのか?

練習できないのでしょうか?


答えは「NO」です。

クラブを振らなくてもストレッチなどで、十分イメージをつかむことができます。

十分にストレッチをしてから、ティーグラウンドに上がり、素振りを3、4回すればいいのです。


そして、いざショットをするときには、「いきます」とか「打ちます」など、明確にほかのプレーヤーに

意思表示してから打つようにしましょう。


次のページ >> 03.移動は早く、スムーズに




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。