03.移動は早く、スムーズに

前のページ >> 01.ゴルフってどんなスポーツ?


スロープレーは、同じ組のプレーヤーに迷惑をかけることはもちろん、

自分達の組以降のプレーの進行を遅くしてしまいます。


ゴルフ場では、ハーフ(9ホール)の標準プレー時間を2時間15分くらいに定めているところが

多いようです。


具体的には、ティーショットを打った後は、2打目を打つために速やかに移動します。

この時、フェアウェイなどのわかりやすく見つかりやすい場所にあるボールなら良いのですが、

ボールが隠れてしまうラフや林の中、山の斜面などに入ってしまっていると、

ボールを見つけるのも一苦労となり、次のショットに時間がかかってしまいます。


ある程度プレー回数を重ねて、ボールを見つけるコツや、

ショットしてからボールを落下点まで追うことができれば良いのですが、

初心者にとってはそれもなかなか難しいことです。


もし、3分ほどボールを捜しても見つからなければ、同伴者に許可を取って、

ロストボール(1打罰を払って、打ち直し)として、プレーを続けましょう。


本来ならば、先ほど打った場所に戻って1打罰を払った後に打ち直しをしますが、

スロープレーを避けるために、ボールを見失った地点から1打罰で続けることが多いようです。
(本当のルールではだめですが、あくまでも、同伴者の同意があった上で行ってください)


また、歩いて移動する場合は、ゆっくり歩くのではなく、さっさと早足で歩きましょう。

おしゃべりをしてノロノロと移動するのはスロープレーにつながりますので厳禁です。


また、カートでの移動の場合は、安全を確認しつつ移動しましょう。

よく、プレーに集中するあまりカートを置き去りにしてしまうことがありますが、

カートに一番近い人が率先してカートを運転するようにしましょう。


次のページ >> 04.ショット中はお静かに




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。