06.他のプレーヤーのボール探しも大事な仕事

前のページ >> 05.トラブルショットのときはクラブを2、3本持っていく


自分のボールが見つからないときに、必死に探すのはもちろんのことですが、

一緒の組のプレーヤーのボールの行方(ゆくえ)を追ってあげたり、時には探して

あげるのも、初心者にとっての仕事です。


ボールの行方を追うことは、他のプレーヤから信頼されることにもなりますし、

「ナイスショット」などの掛け声をかけてあげれば、コミュニケーションもスムーズに

取れます。


また、自分のボールの行方も他のプレーヤーが追ってくれますので、

持ちつ持たれつ・お互い様の部分が大きいでしょう。


それから、自分のボールがフェアウェイなどのわかりやすい場所にあり、かつ、

余裕があるのならば、他のプレーヤーのボールを積極的に捜してあげるのも

いいでしょう。


プレーは一人でするものではなく、組で回るのですから、お互いの球を協力して探せば

スロープレーを防ぐことにもつながります。


もちろん、自分・他人のボールを探すに関わらず、必ずクラブを2・3本持って

探すようにしましょう。


ボールが見つかってからカートにクラブを取りに戻るのでは、時間をロスしてしまうからです。


次のページ >> 07.バンカーに入ってしまったときは




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。