10.グリーン上でのエチケット(3)

前のページ >> 09.グリーン上でのエチケット(2)


他の人のパッティングラインを踏まない


パッティングをする際に、ボールが通る軌道を「パッティングライン」または単に「ライン」と呼びます。


このパッティングラインの芝を踏んで、万が一スパイクが引っかかってグリーンを傷つけたときでも、

その場では直すことができません(ホールアウト後は可)。


自分のラインを踏んでしまうのは自己責任ですが、相手のパッティングラインを踏むと、

その人へのプレーの妨害になってしまいます。


初心者にとって、自分を含めた複数のボールのラインを注意するのは大変ですが、

相手のパッティングラインを踏まない事は、プレー上大事なエチケットです。

    他のプレーヤーのパッティングラインを踏まないようにしましょう
      自分のボールしか見ていないと、他のプレーヤーのパッティングラインを
      踏んでしまいかねません。


次のページ >> 11.グリーン上でのエチケット(4)





 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。