10.ハザードでの注意事項

前のページ >> 09.アンプレイヤブルの宣言


ハザードでのルール(1)


まず、ハザードとは
 1.バンカー
 2.ウォーターハザード(池・海・川・湖・水路)

2種類があります。


ハザードとスルーザグリーンでの大きな違いは、

 「ソールの禁止」

という点です。


ソールとは、ショットの前に地面(水面)にクラブを接触させることです。

スルーザグリーンでは、アドレスするときにクラブを地面につけて構えますが、

これがハザードでは禁止となります。

もし、ハザード内でソールをすると2打罰となります。


さらに、ハザード以外では、ボールに付いてしまった虫・草・葉・小石・糞などといった

自然物(ルースインディペンデント)は取り除く事はできますが、

これがハザード内では取り除けません。

もし取り除いてしまったら、ソールしたときと同じ2打罰となります。


初心者にとってバンカーショットはただでさえ緊張するのに、

上記のようなルールも加わる事でさらに緊張感が高まります。


とにかく「脱出を第一優先」としてショットしましょう。


次のページ >> 11.池にボールが入ってしまったら




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。