02.空振りも立派な1打?

前のページ >> 01.ショットを打つ順番は


ティーグランドでのルール(2)


初心者にとって、ティーショット、特にスタートホールでの第一打はとても緊張するものです。

空振りする事も珍しくありません。


打つつもりで空振りした場合は、1打としてカウントされます。

ただ、これは自己申告の範囲でもありますので

 「今のは練習スイングだ!」

と主張すればカウントされません。


しかし、ここは初心者らしく、潔く空振りは認めましょう(笑)。


ちなみに、クラブのヘッドがボールを追い越す前にスイングを中止すれば

スイングとは認められず、空振りにはなりません。


そして、空振りしたときに風圧でボールがティーから落ちてしまった場合は

ティーには戻すことはできず、そのまま2打目としてプレーを続けます。


ティーからボールが落ちなければ、もう一度ティーショットをする事ができます。

他のプレーヤーのショットが終わった最後にもう一度打ち直しとなり、

これはOBを打ったときの処置と同じです。


次のページ >> 03.ティーはどの位置に挿す?





 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。