09.グリーン上でのエチケット(2)

前のページ >> 08.グリーン上でのエチケット(1)


ピッチマークは積極的に直す


グリーンへのアプローチの際に、ボールが着地した衝撃で芝がへこんでしまった部分を

ピッチマークと言います。


このピッチマークは50ヤード以上のアプローチの際には、

高い確率でできてしまうと考えたほうが良いでしょう。

ですので、グリーンにあがるときには、ピッチマークを直すための

グリーンフォークを用意しましょう。


そして、自分が作ったピッチマークはもちろん、

パッティングライン(自分のボールとカップまでの通り道)にある

ピッチマークも積極的に直しましょう。(ルール上でも問題ありません)


もし、そのままピッチマークを直さないでいれば、芝は枯れ、

グリーン上は穴だらけのボコボコ状態になってしまいます。


プレーヤー各自の献身的なマナーが、キレイなグリーンを保つ事につながるのです。


次のページ >> 10.グリーン上でのエチケット(3)




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。