01.基本はストロークプレー

ストロークプレーとは


ストロークプレーとは、18ホールの合計の打数(ショットした数)によって、

順位(勝敗)をつけることです。


ショット数には、打とうと思って空振りしたときや、パット数、ペナルティ(罰打)もすべて合計します。


一般的には、このショット数=ストロークとなり、

初心者にとっては当面は100以下を目指す事になります。

つまり、このストローク数(スコア)によって、自分のゴルフがどのくらいのレベルにあるのかを

表すことができます。


ただし、競技大会やコンペなどの場合は、

ショット数にハンデキャップを組み合わせる事でストローク決まり、

順位が決定します。(詳しくはハンデキャップを参照)


初心者にとって、初めてのラウンドで目標となるのは130~140くらいのようです。

それ以上になるとスロープレーの原因となるので注意しましょう。

(そうならないように、初めてゴルフ場でプレーする前には、

ある程度練習場で練習しておく必要があります。)


プロの試合では、ハンデキャップはなく、3~4日間のラウンドのストローク数で順位を決めます。

もし、最終日の最終ホールが終了した時点で同じ打数だったときには、

プレーオフとなり、決着がつくまでの1ホールでの勝負となります。


次のページ >> 02.1対1の勝負! マッチプレー




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。