02.1対1の勝負! マッチプレー

前のページ >> 01.基本はストロークプレー


【マッチプレーとは】  


18ホールの総打数で争うストロークプレーに対して、

マッチプレーは18のホールそれぞれで勝敗をつけ、

18ホールのトータルのうち、どれだけ勝ちのホールが多かったかで争う方式です。


もちろん、そのホールで打数が少なかった人がそのホールでの勝ちとなります。

1ホールでの勝ちを「アップ」、負けを「ダウン」、引き分けを「ハーフ」と呼びます。


例えば、

 1ホール目をAの人が勝ち ・・・ Aが1アップ(Bが1ダウン)
 2ホール目をBの人が勝ち ・・・ スクエア
 3ホール目をBの人が勝ち ・・・ Bが1アップ(Aが1ダウン)

となります。


アマチュア(特に初心者)にとっては、ほぼ縁のない方式ですし、

実際のプロの試合でも多くありません。


しかし、「ゴルフの基本はマッチプレー」と言われる事も多く、

いかにそのホールを勝つか(取るか)、あるいは捨てるかなど、

相手との駆け引きが重要になり、そこが勝負の醍醐味でもあります。


次のページ >> 03.ポイントターニー




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。