06.打数の数え方

前のページ >> 05.ハンディキャップを取得するには

すべての基本はパー


打数の数え方は、何打打ったかということですが、

ゴルフではそのホールの打数ではなく、「パー」や、「バーディー」などの呼び名で呼びます。


ここで注意したいのは、「パー」はショートホール、ミドルホール、ロングホールによって

打数が変わるということです。


つまり、同じ「バーディー」でも、そのホールのパーの打数の設定によって、

打数が変わります。


具体的には、ショートホールは「パー3(スリー)」ですから、3打がパーとなります。

ミドルホールは「パー4(フォー)」、ロングホールは「パー5(ファイブ)」です。


以下、パーを基準とした打数の呼び方を紹介します。


バーディー
・パーよりも1打少ない打数でホールアウトすること。
 バーティーは「小鳥」の意味。


イーグル
・パーよりも2打少ない打数でホールアウトすること。
 イーグルは「ワシ」の意味。
 ショートホール(パー3)ではホールインワンとなる。


アルバトロス
・パーよりも3打少ない打数でホールアウトすること。
 ロングホールで2打でホールアウト。


ホールインワン
・ショートホールで1打でホールアウトすること。
 ティーショットが直接カップインすること。


ボギー
・パーよりも1打多い打数でホールアウトすること。
 初心者はまずはこのスコアを目指しましょう。


ダブルボギー
・パーよりも2打多い打数でホールアウトすること。


トリプルボギー
・パーよりも3打多い打数でホールアウトすること。


ダブルパー
・パーの2倍の打数でホールアウトすること。
 初心者にとっては、よくあるスコアですが、まったく得になりません。


4.プレーの種類と進め方 のエントリー一覧




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。