09.グローブ

前のページ >> 08.キャディバッグ


グローブは、クラブとの唯一の接点でもありますので、

こだわりを持つゴルファーも多いようです。


素手でクラブを振る人もいますが、やはりグローブをはめてグリップ力を高めるプレーヤーが

圧倒的に多いようです。


それでは、初心者がグローブを選ぶ上で、どのような基準で選べばよいのでしょうか。


結論から言うと、

 「色々な種類のグローブを試してみて、自分に合った(打ちやすい)グローブを見つける」

ということになります。


同じグローブでも、その人によっての装着感やグリップの具合が違いますので、

「他の人が薦めているから」という理由で使うのではなく、

実際に自分が感じた使用感に納得した上で決めましょう。


また、あまり安いものを買うと、すぐに破れてしまうものもあります。

(これはメーカーに関係なく、やはり安いものは耐久性が低いような気がします。)


グローブは消耗品ですので、少し高くても、ある程度は耐久性の高いものを使うほうが

逆にコストパフォーマンスがよいことにもなります。


いずれにせよ、練習のときなどに、いろいろな種類のグローブを試してみることをオススメします。




【 初心者にオススメのグローブ 】


タイトリスト
プロフェッショナル・グローブ




天然皮革のソフトなフィット感。リスト部の革は最新のなめし技術により、
1000分の17インチの薄さを実現。と、プロも納得の品質です。
タイトリストのロゴがかっこよく、目立ちます。


フットジョイ
ステイソフ・フレックス




アメリカPGAツアープロから圧倒的な支持を受ける、フットジョイ ステイソフ・フレックスです。
究極のフィット感とグリップ力を実現したモデルです
最高級天然羊革(エチオピア・シープ)を使用し、優れた耐久性と長い期間に渡る
しっとり感を保持します。また、天然皮革ながら水・汗に濡れても硬くなりにくいのが特徴です


ミズノ
バイオロックプラス 45GM-00320




インナーグリップ(手袋の内側に特殊な加工)、超立体裁断、
バイオロック機能(手のひら側から甲側までを包みこむ)と、
ミズノのテクノロジーが凝縮されたグローブです。デザインも言うことナシです。


次のページ >> 道具編 トップページへ




 ゴルフの初心者にとって、メンバー登録必須サイト!
 無料でスコア管理とハンデキャップが発行!実は私も愛用しています。